うつ病

不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも出ることがあるため急を要する疾病ではないといわれていますが、短い期間で発作が繰り返して起きるケースは危険だといえるでしょう。
普通なら骨折を起こさない程の僅かな力でも、骨の同一の個所に何度も繰り返して次から次へとかかってしまうことによって、骨が折れてしまうこともあります。
体脂肪の量は変動が無いのに、体重だけが飲食や排尿等により一時的に増減するような時には、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が上昇するのです。
年々患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足し、強い憂うつ感、不眠著しい倦怠感、食欲の低下、体重減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、自殺企図等の症状が出現します。
脂溶性のV.D.は、カルシウムが体に吸収されるのを助長するという性質で有名で、血液の中のカルシウム濃度を操って、筋繊維の機能を適切に調節したり、骨を作ったりします。
バイキンやウィルスなど病気を導く病原体が口から肺へ忍び入り伝染してしまい、肺の内部が炎症反応を呈示している境遇を「肺炎」と総称しています。
「とにかく多忙だ」「うっとうしいいろんな付き合いが苦手」「あらゆる技術やインフォメーションの著しい高度化に追いつけない」など、ストレスがのしかかる主因は人によって違います。
もし婦人科の血液検査で事実上エストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも少なくて早発閉経(early menopause)と判明した場合、不足している女性ホルモンを補てんする治療等で改善できます。
植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓の持つ解毒酵素の円滑な生産活動をサポートしているという可能性が明らかになってきたのです。
日々繰り返される規則正しい生活の維持、腹八分目の徹底、続けられるスポーツ等、古臭いとも思える体への配慮が皮膚のアンチエイジングにも関係するということです。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を悪くしたり変異を誘発する人体に悪影響を及ぼす物質を体の中で解毒し、肝臓の役割を促進するような能力が確認されているのです。
男性だけにある内臓の前立腺は働きや成長に雄性ホルモンがとても大きく関係していて、前立腺にできてしまったガンも同じく、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の影響で大きくなってしまいます。
骨を折って酷く出血した時は、急激に血圧が下がって、周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、吐き気、意識喪失などの様々な脳貧血の症状が出ることがよくあります。
内臓に脂肪が多い肥満が診られ、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2個か3個すべてに合致するようなケースを、メタボ(メタボリックシンドローム)と名付けました。
通行中の交通事故や山での転落など、強大な力が体にかかった場合は、複数の部分に骨折がもたらされてしまったり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、酷い場合は臓器が負傷してしまうこともあるのです。