エイズウイルス

3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を悪くしたり変異を誘発する人体に対する有害物質を身体の中で無毒化し、肝臓の機能性を促進するような特長が確認されています。

HIV、すなわちエイズウイルスを保有する精液、血液、母乳、腟分泌液、唾液等の体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜等に触れれば、感染の危険性が大きくなるのです。

塩分や脂肪の大量摂取を控えた上で運動をおこなうだけでなく、ストレスを溜めすぎないような暮らしを意識することが狭心症を誘引する動脈硬化を事前に防ぐポイントです。

流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに適している予防法や病院での治療を含めた必須とされる対処策そのものは、季節性のインフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザでもほとんど変わりません。

植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルのひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている有機硫黄化合物が、肝臓が持っている解毒酵素の正常な発生を助けているかもしれないという新たな可能性が明らかになってきました。