不快

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森の杉や檜、松などの飛散するタイプの花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状をもたらす病気だと広く知られています。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変化がないのに、体重だけが食事や排尿などによって一時的に増減するような時には、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が高まることがわかっています。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂の分泌異常が誘因で出る湿疹で、分泌が異常をきたす素因としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンの不均衡やナイアシンなどビタミンBコンプレックスの枯渇などが考えられます。
バイキンやウィルスなど病気を招く病原微生物が口から肺に入って感染した結果、片方もしくは両方の肺が炎症反応を示している有様を「肺炎」と呼ぶのです。
不快な耳鳴りには本人にしか感じられないような「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者以外にも品質の高いマイクロホンなどを利用してみると響いてくるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
自分で外から眺めただけでは折ったのかどうかよく分からない時は、怪我をしたポイントの骨をゆっくり突いてみて、もしその部分に強烈な痛みがあれば骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
ブラッシングで、被介護者がセラピーキャットをすごく愛おしいと思った時に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌された結果、ストレス緩和や精神のヒーリングなどに結びつくのです。
最も大きな臓器である肝臓に脂質やコレステロールが付いた脂肪肝という病気は、動脈硬化や狭心症というような色んな病気の誘因となる可能性が高いといわれています。
下腹部の強い痛みを起こす代表的な病には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、女性性器の疾患などの病名がみられます。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層を通る際に一部が吸収されるのですが、地表まで達したUV-Bは皮膚の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を破壊するなど、肌にとって悪い影響を与えています。
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今までの膨大な研究の成果により、予防接種の効果を見込めるのは、ワクチン接種を受けたおよそ2週後から約150日間くらいだろうということが分かっています。
通常は水虫=足、中でも足の裏に発症する病気だと捉えられていますが、原因菌である白癬菌が感染する所は足に限定されているわけではなく、体のありとあらゆる部位に感染してしまうという恐れがあります。
30〜39才の間に更年期になるなら、医学的に表すと「早発閉経(早期閉経)」という疾患のことを指します(我が国の場合は40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまう症状のことを「早期閉経(premature menopause)」と称しています)。
車の事故や作業現場での転落など、非常に大きな負荷が身体にかかった場合は、複数の箇所に骨折がみられたり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、重症の時は内臓が破裂してしまうこともあるのです。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康でも発生することがあるため難しい病気ではないにせよ、短い期間で発作が続いて起きる場合は危ないといえます。