各国の経済制裁

北朝鮮の核開発は、現政権が食料支援を各国に強要するための数少ない材料の一つです。

現政権は、食料支援の品物の配布先をコントロールすることによってかろうじて生き延びている状況ですから、核開発をを手放すことは、自らの地位を維持するための材料が消えてしまうことを意味します。
つまり、現政権は決して葬儀東京核を手放すようなことはしないでしょう。
北朝鮮の核問題を米政府 「韓国、積極的に南北関係進展を」 解決するためには、現政権を崩壊させるのが唯一の方法です。
そういう観点で見ると、アメリカの南北対話を再開しさらに6カ国協議を再開させよと言う要求は、北朝鮮に食料支援を手に入れるため、現政権を長引かせるためのチャンスを与えろということになり、間違っています。

北朝鮮への各国の経済制裁や今の韓国の対応は、一日も早く北朝鮮の現政権を崩壊させるために効果をあげています。
核開発の問題や拉致問題など多くの懸案事項を解決するために、韓国には今の姿勢をとり続けて欲しいと思います。