専門室

スギ花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻詰まり、連発するくしゃみなど)のために夜よく睡眠を取れないと、そのために睡眠不足になり、次の日起きてからの業務に悪いダメージを及ぼすこともあるのです。
現代のオペ室には、ラバトリーや器械室、手術準備室(operating preparation room)を設け、オペ中に撮影するためのX線装置を設置するか、そうでなければ近辺にX線のための専門室を併設しておくのが常識となっている。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と言われている、カビの一種である白癬菌が陰嚢や股部、お尻などの部分に感染し、定着する感染症の事であり即ち水虫です。
環状紅斑とは何かというと輪状、要は輪っかのような円い形状をした真紅色の発疹や湿疹など、皮ふ病の総合的な名前ですが、病因は正に多種多彩だということができます。
インフルエンザ(流行性感冒)に適応している予防策や治療方法など原則施される対処策そのものは、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザであっても一緒なのです。
薄暗い所では光不足によって物が見づらくなりますが、より一層瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに余分なパワーが使われてしまい、光の入る場所で物を見るより疲れやすくなるといえます。
スマートフォン使用時の強い光を低減させる専用眼鏡が現在人気を博しているのは、疲れ目の手当に多くの方々が挑戦しているからではないでしょうか。
亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に関係する様々な酵素や、細胞・組織の活動に深く関わっている酵素など、約200種類以上の酵素の構築成分として絶対なくてはならないミネラル分だといわれています。
内臓脂肪タイプの肥満が確認されて、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖のうち2〜3個に当て嵌まる健康状態のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと称しているのです。
肥満(obesity)は勿論摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足が誘因ですが、量の変わらない食事であっても、あっというまに終了する「早食い」を日常化することによって肥満(obesity)を招く可能性があります。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、肝硬変などのいろいろな健康障害の合併症の原因となる可能性があるのです。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて受動喫煙・アルコール・隠れ肥満等の生活習慣の質の低下、ストレス等により、今日本人に増加しつつある疾患の一つです。
アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を低下させたり変異を誘発する悪影響を及ぼす物質を体の内部で解毒し、肝臓の機能性をより良くする性質が判明しているのです。
腰などが痛むヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間にあってクッションに近い役目をしている椎間板(ついかんばん)という名のやわらかい円形の組織がはみ出た状態を表しています。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が狭まってしまい、血流が途切れ、必要な酸素や栄養を心筋まで配達できず、筋繊維が壊滅状態になる怖い病気です。