権限は、庶民にはありません。

戦争の悲惨さについてもそうですが、 改めて感銘を受けたのは、日本的な人間関係や無原則性です。
たとえば、 攻撃や虐待には、快感が伴います。

権力欲というものがありますが、 あれは、自己肯定感というよりは、他者虐待の快感だと思います。 戦争に反対する一家をいじめる。そんな権限は、庶民にはありません。
しかし、ソフト闇金その一家を快く思わない世論に便乗していじめて、快楽をむさぼる。
しかも、いじめた庶民は、「御国のため」にいいことをした…と思い込んでいる。 これは、何かに似ています。そう。バイトのツイッター炎上事件とそっくりです。
コンビニのバイトが、冷蔵庫のアイスの上に乗った写真をアップする。それを、非難する。そこまではいいですが、本人のプライバシーや、果ては彼女の写真までアップする。 日本人独特の気質、習性などもそこに含まれている気がします。→日本的な人間関係や無原則性はだしのゲンはまとめてマンキツで読もうかなと考え中です(笑)