肺炎

結核への対策は、1951年に制定された「結核予防法」に準じて実施されてきましたが、56年後の平成19年から多くの感染症とまとめて「感染症新法」に沿って遂行される運びとなりました。
ヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の隙間にあるクッション的な役割を持っている椎間板という名称の円形の組織が飛び出てしまった症状を称しているのです。
高齢の人や病を患っている人は、殊更肺炎になりやすく治療が長引くという傾向が見られるので、予防策の徹底や迅速な手当が必要です。
トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる作用が一番認知されてはいますが、他にも美肌作用や、血清コレステロールの生産を抑えるということが言われています。
ビタミンB6には、アミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすために欠かせない重要な回路に導入するためになお一層化学分解するのを助長する働きもあるのです。
「肝機能の低下」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)などの数値によって判断することができますが、ここ数年肝機能が悪化している人がだんだん増えているとの報告がありました。
お酒に含まれるアルコールやお薬、色々な食品添加物等の成分を特殊な酵素で分解して無毒化する機能を解毒といい、肝臓の非常に重要な務めのひとつなのです。
マスクが欠かせない花粉症とは、山のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの様々な植物の花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目のかゆみ・鼻水などの不快なアレルギー症状を発症させる病気だということは、今や常識となりました。
うつ病というのは脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、強い倦怠感、食欲不振、体重減少、強い焦り、極端な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図等の危険な症状が心身に現れるのです。
今、若年層で咳が続く結核に立ち向かう力を持たない人々の割合が高くなったことや、早合点のために診断が遅れることが原因の集団感染や院内感染が増えています。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究結果により、ワクチンの効能を見通せるのは、ワクチンを注射した約2週間後から約5カ月間程と言われているようです。
素人が外から見ただけでは骨折しているのかどうか区別がつかない時は、怪我をしてしまったポイントの骨をごく弱い力で触れてみてください。その部分に強い痛みを感じたら骨折の可能性があります。
日々繰り返される折り目正しい暮らし、腹八分目を忘れないこと、正しい運動やスポーツ等、古典的とも思える健康に対する取り組みがお肌の老化防止にも活用されるということです。
30才から39才までの間に更年期になったとすれば、医学的には「早発閉経(そうはつへいけい)」という病気のことを指します(日本では40才未満の女の人が閉経する症状のことを「早期閉経(premature menopause)」と定義します)。
スギ花粉が飛ぶ1月〜4月の間に、お子さんたちが平熱なのにしょっちゅうくしゃみしたり水っぱなが止まる気配をみせない状況だったなら、もしかすると『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。