腹八分目

20〜30才代で更年期がやってきたとすれば、医学的な用語で表現すると「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という女性疾患に当てはまります(我が国の場合40歳以下の女の人が閉経する状態を「早発閉経(そうはつへいけい)」と称します)。
毎日の規則正しい、穏やかな日常生活の維持、腹八分目を志すこと、軽い運動や体操等、古臭いとも言える体に対する配慮がお肌の老化防止にも関係するということです。
植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一種のイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という物質が、肝臓が分泌する解毒酵素の順調な発生を促しているかもしれないという新たな事実関係がわかりました。
骨を折ったことにより大量出血した状態だと、血圧が降下して眩暈や冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる意識消失発作などの脳貧血の症状が現れる場合があります。
セロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調整したり痛みの制御、色々な覚醒などを操作していて、単極性気分障害(うつ病)の患者さんは作用が減少していることが明らかになっているのだ。
エイズ(AIDS)とはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染によって起こるウイルス感染症の病名であり、免疫不全へと至り些細な真菌などが原因の日和見感染や癌などを併発する病状の事を指し示します。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の幅が狭まり、血流が途切れ、必要な酸素や栄養が心筋まで届かず、筋肉細胞そのものが機能しなくなるという深刻な病気です。
万が一検査で現実問題として女性ホルモンの量が少なくて早発閉経(early menopause)だと判明した場合、足りない女性ホルモンを補填する医術などで良くなることができます。
最大の臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが溜まった状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、脳梗塞に始まる多種多様なトラブルを招く可能性が高いと考えられています。
高齢の方や慢性的に病気を患っている方などは、際立って肺炎を発症しやすくすぐには治りにくい特徴があるので、予め予防する意識や迅速な治療が肝要です。
ものを食べるという行為は、次に食べたいと思った物をなんとなく口に運んで数回咀嚼して飲み下すだけだが、その後身体はまことに健気に動き続けて異物を人体に取り込む努力をし続けているのだ。
子どもの耳管の特徴は、大人のそれに比べて幅があって短い形状で、かつ水平に近いため、バイ菌が潜り込みやすくなっているのです。大人よりも子供の方がよく急性中耳炎になるのは、この構造が関わっています。
触れあいなどで、入居者が犬のことを愛おしく思う時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌された結果、ストレスを和らげたりヒーリングなどに結びつくのです。
常在細菌であるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒の極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒力が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が挙げられます。
スマートフォンの光のちらつきを軽減させる効果のある専用メガネが今人気を博しているのは、疲れ目の予防策にたくさんの人々が挑戦しているからです。