軽いスポーツ

エイズウイルス(HIV)を持っている血液や精液、母乳、腟分泌液、唾液等の様々な体液が、乳飲み子や交渉相手などの粘膜部分や傷口に接触することにより、感染の危険性が大きくなります。
折り目正しい暮らしの維持、腹八分目の実行、軽いスポーツ等、古臭いとも思える健康に対する考え方が老化防止にも関わっているということです。
もし血液検査で現実問題としてエストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも足りず早発閉経(POF)と分かったら、不十分な女性ホルモンを補てんする手当などで良くなります。
「肝機能の減衰」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3つの数値で分かりますが、特にここ2、3年肝臓の機能が悪化している人の数が明らかに増加傾向にあるとのことです。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する長期間に及ぶ追跡調査の結果によると、大人よりも若い子供のほうが漏れた放射能の害をよく受容することが読み取れます。
めまいは無いのに、長く続く耳鳴りと難聴の症状だけを数回繰り返すパターンを「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」という病名で呼ぶこともよくあります。
20才代、30才代で更年期が訪れたとすれば、医学的な用語では「早期閉経(premature menopause)」という女性疾患を指します(この国においては40歳以下の比較的若い女の人が閉経するケースを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義付けています)。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという性質があるためオゾン層を通る際に一部分が吸収されるものの、地上まで届いたUV-Bは肌の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を損壊させたりして、肌に悪い影響を与えるのです。
自分では折れているのかどうか自信がない時は、違和感の残る地点の骨をごく弱い力で触れてみて、その箇所に強い痛みを感じたら骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
春に患者が増える花粉症とは、森のスギや檜、ブタクサなどの大量の花粉が原因となり、クシャミ・頭重感・微熱・鼻水などの不快なアレルギー症状を示す病気なのです。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、通常であれば人をがんにさせない働きをする物質を生産するための型である遺伝子の異常が引き金となって発症する病気だということです。
くしゃみに鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・異物が入っているような感覚などの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーの誘因である花粉の飛んでいる量に追従しているかのように深刻化するという性質があるということが明らかになっています。
ばい菌やウィルスなどの病気を齎す病原微生物が呼吸とともに肺の中へ入り込み発病してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を示した境遇を「肺炎」と言います。
結核への対策は、1951年制定の「結核予防法」に準ずる形で進められてきましたが、半世紀が経過した2007年からは結核以外の感染症とまとめて「感染症新法」に沿って行われる運びとなりました。
花粉症の緒症状(鼻みず、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが誘因で睡眠不足の状態になり、翌朝目覚めてからの業務に良くないダメージを与えることもあります。