領域

「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、身体のなかの脂肪の占有する比率のことで、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重×100」というシンプルな数式で算出されます。
通常は水虫といえば足を思いつき、こと足の裏にみられる病気として認知されていますが、白癬菌にかかる場所は決して足だけではなく、全身どの部位にもかかる危険性があるのです。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、多く植えられているスギや檜、松、ブタクサなどの大量に飛散する花粉が原因となり、クシャミ・皮膚の痒み・ノドの痛み・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を呈する病気なのです。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収される行程をサポートする作用が特に認知されており、血液の中のカルシウムの濃度を調整して、筋肉の動作を適切に調節したり、骨を作り出します。
くも膜下出血(SAH)はその80%以上が「脳動脈りゅう」という脳内の血管にできる瘤(コブ)が裂ける事が原因となって発症してしまう命にかかわる病気として知られています。
万が一血液検査で危惧していた通り卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っていてPOFだと判明した場合は、不足分の女性ホルモンを補充してあげる医術で緩和が期待できます。
環状紅斑というのは輪状、いわゆる円い形をした赤い色の発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総称であり、その原因は本当に多種多彩だということができます。
抗酸菌の結核菌は、菌を保有している人が「咳」をすることによって室内や外気に散布され、空気中でふわふわと移動しているのを今度は違う人が吸い込むことにより次々に感染していきます。
2005年2月1日より新たにトクホ(特定保健用食品)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起の文章の明記が義務化している。
花粉症の病状(水っ洟、鼻詰まり、連発するクシャミ等)のために夜間しっかり眠れないと、それが誘因で睡眠不足の状態に陥り、次の日起床してからのすべての活動に悪い影響を与えるかもしれません。
トコトリエノールの機能としては酸化を遅らせる機能が格段に知られてはいますが、更に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生産を抑制したりすることが認められています。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科手術ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング」と「冠動脈大動脈バイパス手術」の2つの異なる術式が熱心に使用されています。
天然の化学物質、フィトケミカルの仲間であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の物質について、肝臓から分泌される解毒酵素自体の創造活動を促進しているのではないかという事がわかりました。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は就寝中ではない覚醒状態で命を維持していく(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋肉の緊張の保持等)のに必要となる基本的なエネルギー消費量のことを指すのです。
体を動かすのに必要なエネルギーとして速攻で役立つ糖、細胞の生まれ変わりに絶対欠かせないタンパク質など、無理な痩身ではこんな様々な活動を維持するために絶対必要な栄養成分までも欠乏させる。